OTV Live News イット!

【衝撃】沖縄県民を奮い立たせる「勝利のうた」のルーツは群馬とペルー?

[沖縄県]

この動画の見どころ!
00:04
沖縄県民に愛されている「勝利のうた」
00:56
群馬のサッカーチームのためにつくった曲だった
01:54
アルベルト城間が日本でラテン歌手になるまで
04:27
レコーディングに参加した子どもたちの今は?

音楽の力は絶大。励ましてくれたり、鼓舞してくれたり、背中を押してくれたり、強大なパワーを与えてくれます。

それを証明するのは沖縄県民に広く愛される一曲、ラテンバンドであるディアマンテスの「勝利のうた」です。

Jリーグや1998年のフランスW杯のPRに起用され、現在はFC琉球の勝利のテーマとしても有名なこの曲。実は、群馬県の「コスモス」というジュニアサッカーチームのためにつくられたそうです。

ディアマンテスの中心メンバー・アルベルト城間さんが明かします。

「南米から出稼ぎに来ている子どもたちが日本での学校生活に馴染めなくて、この子たちに曲を送りたいなあと思ったんです」(アルベルトさん)

群馬県は、ブラジルやペルーなど南米から出稼ぎに来た移民が多い土地。100年以上前に沖縄から南米に渡ったウチナーンチュ(沖縄人の意味)の子孫も、回り回ってこの土地で暮らしていることでしょう。

その中には、日本の学校にうまく馴染めない子もいます。そうした子どもたちを育むコミュニティでもあるサッカーチーム「コスモス」の存在を知ったアルベルトさんは「歌で励ましたい!」と思い立った……というのが、この曲が誕生した経緯です。

ちなみに、「勝利のうた」がリリースされたのは1994年。レコーディングにはペルーの子どもたちも参加していました。

あれから約30年が経った今。当時の子どもたちはもう立派に成長しています。その中の一人である照屋ディエゴさんは、ペルーの首都・リマでグラフィックデザイナーとして活躍していました。

少年時代にレコーディングに参加した経験は、ディエゴさんの中で大きなものだったようです。

「君らもできるんだっていう力をすごく感じました」(ディエゴさん)

まさにアルベルトさんも、そんな力を子どもたちへ与えたいと思っていました。

「勝利に向かって最後まで生き切るじゃないですけど、生きる喜びを最後まで感じていただきたいなって」(アルベルトさん)

ちなみに、アルベルトさんが生まれ育ったのはペルー。祖父母が沖縄出身というルーツがあるのです。

動画本編では、19歳の頃にペルーから来日したアルベルトさんが経験してきた苦労の詳細が明かされています。この歩みを見て、ようやく「勝利のうた」に込められた思いが知れるということ。つまり、アルベルトさんも生き切る力を持っていたのです。彼の過去は「勝利のうた」のルーツでもありました。

群馬のジュニアサッカーチームに送った曲が、今もサッカー界で歌い継がれているという現実。音楽の持つ強大なパワーを証明しているのではないでしょうか。

【基本情報】

放送日:2021年8月26日

放送局:沖縄テレビ放送

番組名:OTV Live News イット!

出演:ディアマンテス

(編集:ノオト)

のぞポンライター

寺西ジャジューカ

東京生まれ東京育ち……だけに、地方のおいしいものに憧れがある。子どもが好きそうな食べ物が好き。

P03_sp
のぞいてニッポンスペシャル企画
P01_sp
P04_sp
P02_sp
こちらの動画もおすすめ

肌にも環境にも優しい! ほたての貝殻をリサイクルしたネイル「CYAN」が素敵すぎる

[青森県 青森市 油川 等]

はらつかう のぞポンライター

環境に優しいだけでなく、ネイル独特の刺激臭がしない!

【偏愛】元Juice=Juice・いしかわ観光特使の宮崎由加、“クレープ愛”を開放

[石川県 金沢市 松村 等]

寺西ジャジューカ のぞポンライター

「お味はどうですか?」→宮崎さんの回答が秀逸過ぎた……!

【なぜ?】お寺にカフェを併設した理由。日本海の絶景と抹茶と甘味と占い

[島根県 大田市 温泉津町 等]

寺西ジャジューカ のぞポンライター

日本海の水平線と、山と、そして温泉津の町が見えて、想像以上の美しさ!

【知ってる?】沖縄発のグルメ「軟骨ソーキ丼」がおいしい理由。新名物になる!?

[沖縄県 八重瀬町 伊覇 等]

寺西ジャジューカ のぞポンライター

んーーーーーーっ、めっっちゃやわらかい!